ハイブリッド型勤務におけるオフィス環境づくりの工夫
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ハイブリッド型勤務におけるオフィス環境づくりの工夫

こんにちは、Akerun公式note編集部の新野です。

新型コロナウイルス感染症の拡大以降、出社とテレワークを併用するハイブリッド型勤務を行う企業が増えていますよね。

フォトシンスも、従来からテレワークを推進し、2020年のコロナ禍以降でさらに社員の安全や感染症の拡大防止の観点からハイブリッド型勤務を採用していますが、コロナ禍以降、オフィス空間に求められる要素も変わってきています。特にレイアウトやスタイルが大きく変わったのではないでしょうか。

今回はハイブリッド型勤務に適したオフィスのあり方を追求する企業として、フォトシンスの経営管理部によるオフィス環境づくりの施策や取り組みをご紹介します。

ハイブリッド型勤務の採用を検討している、またはハイブリッド型勤務ってどんな効果があるんだろう、とお思いの方は、ぜひこのnoteが参考になれば嬉しいです。

フリーアドレスとロッカーの設置

フォトシンスでは第1回目の緊急事態宣言が開けた2020年6月から、固定席を廃止してフリーアドレスを導入し(一部の部署を除く)、開発、営業、マーケティング、カスタマーサクセスなど、ある程度部署ごとに島(グループアドレス)を設定したうえで、それぞれが指定されたエリアの席に座って業務を行っています。

完全なフリーアドレスというよりは、ある程度のエリアを指定して自由に席を選べる”準フリーアドレス”といった運用です。

画像1

また、固定席が廃止されたことで、従来は自席のキャビネットなどに収納していた書類や物品を保管する個人ロッカーを新設し、それまで使っていた部署ごとの大型キャビネットの再編成を実施しました。

フォトシンスでは、もともとオフィス内の整理整頓をとても大切にしています。そして、新型コロナの影響もあり、フリーアドレスの導入とロッカーの設置によって従業員の持ち物がこれまで以上に最小化されることになりました。
これは、クラウドやIoTなどのデジタル技術に携わる企業として、デジタル化や電子化にも積極的に取り組んでいこう、というフォトシンスとしての意識の現れでもあります。

Web会議用のブース

コロナ禍以降、対面での営業や訪問をできるだけ控えるという方針を取る企業が増えました。代わりに増加したのが、Web会議ツールを使ったコミュニケーションです。

フォトシンスでもコロナ禍以前から、お客様との会話などで積極的にWeb会議ツールを活用していましたが、今では様々な企業で幅広く活用されていますね。

しかし、背後を人が通ったり、近くで他の人が作業をするなか、Web会議で商談などを行うのは、やはりやりづらさもあります。そこで、フォトシンスが導入したのが、防音性の高い個室型のWeb会議用ブースで、これによって気兼ねなくWeb会議や通話を行えるようになりました。

画像2

カフェスペース&スタンディングスペース

社員だけでなく、外部からのお客様にもご利用いただけるカフェスペースや、気分転換やさらなる業務生産性の向上にも役立つスタンディングスペース(立って業務ができるハイテーブルを置いたスペース)も以前から社内にありました。

こういったスペースでも、フリーアドレスになったことで、作業をしたり簡単なミーティングを行うメンバーも明らかに増えました。

画像3

画像4

ABWのような新しい働き方が様々な企業で採用され、生産性の向上に効果を発揮していますが、フォトシンスでもフリーアドレス、カフェスペース、スタンディングスペースなど、業務内容や気分に合わせて、オフィス内でも”働く場所を選べる”ようになったことで、快適で効率的な業務ができていると実感しています。

そして、もう1つのメリットとして、そういったオフィス内での場所を選ばない働き方によって、メンバーの移動がこれまで以上に活発になり、たまたま隣り合わせたメンバー同士で会話が始まったり、お互いの業務についてより深く知るためのきっかけとなったりと、メンバー間のコミュニケーションが増えるといった効果もあります。

ー ー ー ー ー ー

ここまで、ハイブリッド型勤務に対応したフォトシンスのオフィス環境の作り方をご紹介させていただきました。

こういった社会環境の大きな変化があっても、オフィスの空間としての使い方を工夫することで、上記のような新しいメリットを出せたことは、主にオフィス向けにサービス提案を行っている私たちにとっても、とても良い知見になりました。

他の取り組みとしては、リフレッシュを目的としたかき氷機の導入も挙げられます。パントリーにある業務用冷凍庫を有効活用するために2020年の夏に導入したものですが、今年は早くも春先から稼働し、気分転換&涼を感じられる、と大好評です。
こういったことも、出社した場合でも楽しみが増える工夫の1つと言えるのではないでしょうか。

フリーアドレスやロッカー、個室ブースの導入からかき氷機の設置まで、メンバー一人ひとりが快適に働けるオフィス環境の構築を目指して、これからもフォトシンスの経営管理部の創意工夫は続きます

「スキ」してくれて、ありがとうございます★
株式会社 Photosynth (フォトシンス)による、公式noteです。「Akerun入退室管理システム」に関する取り組みや想い、働く社員紹介、ビジョンなどを発信していきます。