新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

”なぜあなたはフォトシンスへ来たんですか?” 新卒社員インタビュー#1 渡邉華江

いつもAkerun公式noteをご覧いただきましてありがとうございます。
編集部の新野です。

フォトシンスは2021年度、4名の新卒社員を迎えましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大は、就職活動にも大きな変化をもたらしました。これまで対面で行ってきた面接や企業訪問はオンラインで行われるようになるなど、学生にとっては多くの壁に直面したに違いありません。

そんな中で入社を決めた4人は、どのようにフォトシンスと出会ったのか、なぜファーストキャリアとしてフォトシンスを選んだのか、そして入社して3ヶ月が経った今、彼らがフォトシンスで何を成し遂げようとしているのか。

コロナ禍の就職活動について、入社の経緯や今の業務、そしてこれからの目標を取材してみました。

第1回は現在インサイドセールス・チームに所属している渡邉華江(わたなべ はなえ)です。

もし学生で現在就職活動中の方がいらっしゃれば本記事を読んでいただき、
フォトシンスがどのような会社なのか理解を深めていただけると大変嬉しいです。

その人が、その人らしく生きられるサポートをしたい

ーーーー今の活動について教えてください。

私は今インサイドセールス・チームに所属しています。
業務としてはお客様の課題に合わせて最適なタイミングで商談を設定することと、まだチームができて日が浅いので、インターン生の教育や制度構築も行っています。

ーーーーなぜインサイドセールスに配属が決まったのですか?

人事のマネージャーとディスカッションして、なりたい姿と照らし合わせて決定しました。

私のなりたい姿が、「人の成し遂げたいことをサポートできる人」で、将来的には人事として活動したいと考えています。
人事は社外の方と関わる中で交渉力が必要なポジションでもあるので、まずはインサイドセールス・チームで営業として交渉力を養いつつ、チームの立ち上げを通して組織づくりを学ぶのがいいなという結論にたどり着きました。

自分で言うのは少し恥ずかしいのですが、私の強みは「人と話している中で本当に思っていることを引き出せること」だと思っていて、それを活かして相手が成し遂げたいことに対してアドバイスができる人や、頼ってもらえる人になりたいです。

画像1

入社の決め手は「人の良さ」

ーーーーお話を伺っている中で人材系の志向が強いと感じたのですが、なぜフォトシンスを選んだのですか?

おっしゃる通り、最初人材業界での就職を考えていたんです。大学生の時も人材会社で法人営業をしたり、自身で就活イベントを企画して集客することもやっていました。

なので就職活動を始めたときはキャリアアドバイザーになって、その人の人生とかやりたいことに合わせて適切な会社を紹介する職業に就きたいと考えていました。
ただ、私の場合は就職時や転職時だけではなくて、その後も目の前の人が幸せに働いていることに仕事のやりがいを感じると途中で気づいたんです。

それだったら社内の人と向き合って、近くでその人の活躍を見られる環境の方がいいなと思って会社の人事になることが目標になりました。

フォトシンスに出会ったきっかけは偶然でした。
就活イベントにフォトシンスが参加していたことが知ったきっかけだったのですが、その後インターン先で商談先を探していた際にフォトシンスを思い出したんですよね。そこで思い切って架電してみたところ、商談を設定することができました。

そして商談のなかで欲しい人やどういう会社にしたいかを人事マネージャーに伺っているうちに、一目惚れしちゃったんですよ(笑)

キーレス社会を目指していて、これが実現できたら世界でも唯一の会社になれると熱く語っていて。他の会社も同時期に受けてはいたんですが、ここまで熱量をもって語っている人を初めて見て、「いいな」と思った。

入社した後も、多くの社員がキーレス社会の実現に対して強い意思を持っていること、「新卒ですごい期待しているし教育に力を入れていきたい」と言ってくれたことや、どの社員さんに質問してもその時にやっている業務を止めてしっかり向き合って話してくれるなど、どこから見ても感じる「人の良さ」が想像以上でした。


全部署を横断した新卒研修

ーーーー新卒研修はいかがでしたか?

全部署を経験させていただいた大変貴重な研修でしたね。私は文系なので、開発業務は知らないこともたくさんあって、とても刺激的でした。

その中でも特に印象に残っている研修は経理のお仕事でした。

実際に会社を興して、それからどのようにお金を運用していくのかを実際に体験できるワークショップだったのですが、
同じく研修を受けた他の方と一緒に
「キャッシュフローはこうで、損益計算書はこんな感じになるね」
「人件費とか固定費はこれくらいかかるかな」
「もうお金がない!どうする?」
みたいなことを言いながら盛り上がったんですよね(笑)

会社を立ち上げる難しさ、ここまで大きくすることの難しさを感じるなど、個人的にとても視野が広がった研修になりました。

画像2

自分らしく生きられる人を増やす

ーーーー入社して3ヶ月が経ちました。今の目標を教えていただいてもよろしいですか。

いち早く自立して自走できるようになりたい。
自走できるというのは、「自分の課題に対して、自分で根本の原因を考えて対処できるようになる」こと。

今は都度マネージャーにフィードバックをもらって改善を続けているのですが、補助輪を外して自分で走っていけるようになりたいです。

そして、もう一つはインサイドセールス・チームのマネージャーのようになりたいですね。

業務に対して真摯に取り組むけれども、自分が声をかけたら必ず手を止めて的確なアドバイスをくれる。また、週次で1 on 1をするんですが、私の性格や業務のやり方に合わせて「じゃあこういうことをやってみようか」と考えてくれる。

私もインターン生として入ってくる方々に対して適切に相手に合わせた提案ができるような人になりたいですね。

ーーーー最後に渡邉さんがフォトシンスでやり遂げたいことを伺ってもよろしいですか。

私自身のミッションは「自分らしく生きられる人を増やしていく」ことです。
そのために、フォトシンスの中で社内の人に向き合って、その人の夢の実現に向けて支援できるようになりたいです。

今は、まだ立ち上がって間もないインサイドセールス・チームなので、組織を作っていく中でインターン生や社員さんがなりたい姿になるためのサポートがしたい。

例えばこれから力を付けたいとか、成長したいと思った時に、「フォトシンスのインターンに行こう」と考えてくれる大学生が増えていくような、それぐらい有名なインサイドセールス・チームにしていきたいし、しっかり営業に商談を渡せるような強いチームにしていきたいですね。それがフォトシンスのこれからに直結すると考えています。

あなたの「スキ」が励みになります!ありがとうございます!
株式会社 Photosynth (フォトシンス)による、公式noteです。「Akerun入退室管理システム」に関する取り組みや想い、働く社員紹介、ビジョンなどを発信していきます。